茎工房ホームへ
商品紹介
クッキー
ギフトセット

オンラインショッピング

リンク

バックナンバー
茎の根っこ便り
世界の食・スイーツ事情
材料へのこだわり
茎工房のある風景

メール
 
世界の食・スイーツ事情
 

バックナンバー

イギリス編

その2 アフタヌーンティ1(Afternoon Tea)

ケーキスタンドの写真
ケーキスタンド

 前回のお茶の習慣に引き続き、英国のアフタヌーンティに触れてみます。アフタヌーンティは食事に準ずる喫茶習慣でもあります。紅茶と共に軽食や菓子を摂る習慣。単に飲食を楽しむだけのものではなく、社交の場(特に女性)として、礼儀作法、室内装飾、使用される食器や飾られている花、会話の内容など、広範な分野のセンスや知識・教養が要求され、日本の茶道に近いとされています。
 1840年頃、第7代ベッドフォード侯爵夫人によってはじめられたとされ、一般的に夕食時間帯(19〜21時)は貴族の間では、観劇やオペラ鑑賞や夜の社交に充てられ、夕食が21時以降になるため、事前の腹ごしらえの意味合いがあります。アフタヌーンティの必須3アイテムとしては、三段重ねのケーキスタンドにサンドイッチ・スコーン・ペストリーケーキ。ここに紅茶が付けば、本格的なアフタヌーンティになります。
 英国へ訪問する機会あったら、是非体験してほしいものです。ゆったりとした贅沢な時間を旧貴族の館あるいは、高級ホテルでのアフタヌーンティで過ごすことであなたもすっかり英国貴族の気分に。


前のページへ 次のページへ