茎工房ホームへ
商品紹介
クッキー
ギフトセット

オンラインショッピング

リンク

バックナンバー
茎の根っこ便り
世界の食・スイーツ事情
材料へのこだわり
茎工房のある風景

メール
 
世界の食・スイーツ事情
 

バックナンバー

フランス編

その2 アルザス地方の菓子

 アルザス地方には有名なお菓子がたくさんあるが、その中でもユニークなお菓子を選んでみました。

(1)クグロフ(Kouglof)
クグロフの写真

クグロフ型でも有名

 ドイツとの国境を挟むアルザスでは、昔からドイツの影響が大きい。クグロフはドイツ語ではクーゲルホフ。このホフはビール酵母を表していて、昔はビール酵母で発酵させていたようです。また、僧侶の帽子に似ている為、Gugelhuptという名前になったという説もあります。リッチなバターケーキタイプと発酵させたパンタイプがありますが、アルザスではパンタイプが主流。リッチなブリオッシュ生地にレーズンを入れて焼き上げます。

(2)マナラ(Manele)
マナラの写真

それぞれ形が違って楽しい

 ベルギーでは12月初めの日曜日を「サンニコラ」の日とし盛大にお祝いします。サンニコラはサンタクロースのモデルになったといわれる聖人。アルザスではサンニコラの日は人形のパン「マナラ」をココアと一緒に食べます。サンニコラは子供の守護聖人と言われています。ブリオッシュ生地で様々な人形の形を焼きます。チョコチップ入りやシナモン風味など様々なバリエーションがあります。形が不格好だったり、愛嬌たっぷりだったり。アルザスを訪れる機会があれば、このマナラを是非チックしてみるのも楽しいでしょうね。

前のページへ 次のページへ