茎工房ホームへ
商品紹介
クッキー
ギフトセット

オンラインショッピング

リンク

バックナンバー
茎の根っこ便り
世界の食・スイーツ事情
材料へのこだわり
茎工房のある風景

メール
 

ナチュラルクッキー 茎工房

茎工房へようこそ♪

アトピーの方でも食べられるクッキーが好評です。
多くの病院の売店でも販売中!!

ただいま、取扱い店を募集しています。
詳細は info@kukikobo.co.jp

◆ ◆ ◆

お知らせ 2017年7月3日
トマトオニオンがさらに美味しくなって売れています!を掲載しました。
世界の食・スイーツ事情を更新しました。

2017年6月2日
・「塩レモン」クッキーで、初夏を感じませんか?を掲載しました。
・世界の食・スイーツ事情を更新しました。



トマトオニオンがさらに美味しくなって売れています

トマトオニオンクッキーの写真

しばらくお休みしていた、「トマトオニオンクッキー」ですがお客様のご要望により販売を再開いたしました。

「美味しいんだけれどトマトの味をもっと!!」というご意見を取り入れ、ドライトマト、トマトピューレの量を増やし、さらに水の代わりにトマトジュースをいれて濃厚な味に仕上げました。
ドライトマト、トマトピューレ、すべて有機にこだわっています。

7月は猛暑の予報ですので、酸味のあるトマトオニオンクッキー塩レモンクッキーと並んでヒットの予感!と

トマトのイラスト

スタッフ一同胸をはっての一押し商品です。是非、召し上がってくださいね。

梅雨明けはまだですが、本格的夏はこれから!暑い日が続きますので、お身体気をつけて下さいね。
世界の食・スイーツ事情



インド編

その1 インド料理(1)

多様なスパイス多様なスパイス

インド料理は世界の代表的料理の一つである。非常に多彩なスパイスを使用することが特徴。インド亜大陸は広大であり、地域・民族・宗教・階層などによってバリエーションが多様である。インド料理は大きく北インド料理と南インド料理に分けられる。更に、それぞれ菜食料理と非菜食料理とに分けるのが一般的。
北インド料理のルーツは、イスラム文化圏の影響を色濃く受けた16世紀ムガール帝国の宮廷料理と元から北インドにあった食文化の融合にあると言われている。主食は、チャパティ、ナーン、ローティのパン類。日本のインド料理ではナンが一般的だが、インドでは高級素材の様だ。庶民はチャパテイやローティを食する。スパイスとしては、クミン、コリアンダー、シナモン、カルダモン。また、牛乳、ヨーグルト、チーズ、バターなどの乳製品を多く使うことが特徴。
南インド料理は北に比べて、菜食主義者が多いこともあり、肉類の代わりに野菜を中心とした料理や魚を使った料理が多いのが特徴。北の乳製品の代わりに、ココナッツミルク、またバターの代わりにからしやごま油が多く使われる。クミンの代わりに黒からしやカレーリーフ。
インドの伝統的な食事マナーとしては、スプーンなどを使わず、右手で直接パン類をちぎって汁物に浸し、ご飯を汁と混ぜて口に運んで食します。その際、親指、人差し指、中指の3本の指の第二関節までを使い、親指の爪がある部分で食べ物をプッシュするように口に入れます。ただし、都会部では、欧米風にスプーンやナイフを使うことが多い。よく指摘される事柄だが、もともとインドにはカレーという料理は無いそうです。西洋人がインド人たちの料理を「カレー」“curry”と呼んだことから、それが転じて、香辛料を使った汁物・煮込み料理を指す言葉として、英語表記「カレー」が誕生し、世界中で使われるようになった様です。因みに、日本で使われているカレー粉はインドに存在しません。インド料理に魅せられた旧支配国イギリス人が、インド料理を即席に造るために、独自に考案したものです。カレーの語源には諸説あるが、タミル語で「食事」を意味する“KaRi”と言う説が有力の様だ。実に面白い。

「世界の食・スイーツ事情」バックナンバーページへ

 
茎の根っこ便り このコーナーではお客様からのお便りを紹介します。

「御客様の声 No.20」


N様より

先日注文させて頂きました、Nと申します。
丁寧な梱包、迅速な対応、賞味期限の長い作り立てのクッキー、
どうも有難うございました。
1つ多かったのでびっくりしました。サービス(?)のアールグレイまで・・・
何から何まで親切にして頂きまして、本当にありがとうございます。
お陰様で、送った方々にとても喜ばれました。
私自身も色々食べましたが、どのクッキーも本当に美味しいですね!
こちらのクッキーは、あまり甘くないのが特徴でしょうか。
自然な甘さだからでしょうか。ご飯と同じような感覚で食べてしまいますね。
クッキー界の革命児、いえ、革命クッキー!
こちらのクッキーを食べてしまうと他のクッキーが食べられなくなってしまい、
普段から贅沢してしまいそうになるので、要注意ですね(笑)。

個人的にとても気に入ったのは、たんぽぽ、トマトオニオンです。
やはり塩レモンはダントツなので、揺るぎません(笑)。
こちらのクッキーの中では、りんごが意外に甘めだった気がします。
アールグレイはとてもサクサクしていて、上品な香りでした!
夏のお届け物としてまた注文する予定です、どうぞ宜しくお願い致します。

2017年6月28日

ご進物のイラスト


「茎の根っこ便り」バックナンバーページへ


このページはリンクフリーです。右のアイコンを使ってね→


茎工房
 (有)エムケイ・アンド・アソシエイツ
e-mail: info@kukikobo.co.jp

〒152-0013
住所:目黒区南3-12-19-101

TEL:03-5701-0420 FAX:03-5701-7123

有限会社アリア このサイトは有限会社アリアが制作しています